女の人

尿漏れは女性の大敵|心強い味方となる改善方法を公開

感染の有無を調べる

医者

時代劇などで、遊郭で働いていた遊女が梅毒にかかるシーンを良く目にするはずです。梅毒というのは性感染症の一種で、国内だけではなく世界的にも有名な病気です。江戸時代頃から広く一般にも知られるようにあった梅毒は、女性の患者数が多く、大航海時代に有名な偉人が大陸から持ち帰ったために流行したと言われています。この梅毒は、一度感染すると初期症状に気づきにくく、症状を自覚した頃にはある程度まで病気が進行している場合がほとんどなので、性交渉後は必ず梅毒の検査をするべきです。

梅毒のような性感染症の検査は病院や保健所で受けることができます。保健所で梅毒の検査を受ける場合、基本的には名前や年齢、住所などの個人情報をスタッフに伝える必要がありません。また、検査費用も無料なので初めて性感染症の検査をするという人にとってハードルは低くなっています。保健所での検査は採血と採尿が実施され、検査結果は面談によって知らされます。しかし、保健所は1週間に一度という頻度で検査をしている場合がほとんどなので、しっかりと検査予定日を把握しておきましょう。対して、病院での梅毒検査には費用が発生しますし、名前も伝える必要があります。さらに、検査の際に症状がないと保険が適用されない可能性もあるので、検査を受ける時期はよく考えなければいけません。しかし、病院は医療機関なので、万が一梅毒に感染した場合はすぐに適切な処置が受けられるため、手遅れになる心配がありません。このように、検査を受ける場所によって違いがあるので、事前に確認しておきましょう。